種類が豊富

結婚式の祝電は進化している

結婚式の祝電。結婚式に招待されたけれど欠席の場合、お祝いしたい場合はぜひとも贈りたいものですね。そんな結婚式の祝電も時代の流れとともに進化しています。 最近はお祝いのメッセージとともにギフトを贈るタイプが主流になっています。インパクト抜群のバルーン、ゲストを可愛くお出迎えしてくれるぬいぐるみなど結婚式場に華を添えてくれる物が多い一方で、カタログギフトやキッチン用品などの実用的な物、チョコレートやマシュマロなどのお菓子を送れる電報もあります。 ギフト付き電報のメリットは何と言っても相手が喜んでくれることでしょう。もちろん台紙にメッセージを添えた電報でも喜んでもらえますが、ギフト付きの方がよりお祝いの気持ちを伝えやすくなります。

ギフト付き電報普及の背景と今後

そもそもなぜギフト付き電報がここまで普及したのでしょうか。 元々はNTTの独占事業でしたが2003年の信書便法の施行により民間業者の参入が認められるようになりました。 一般的な宅配便では手紙を一緒に贈ることができません(信書の同封が法律で禁止されているため)。そのため通販で見つけた品を直接先方へ送る場合、メッセージを付けることができません。それが電報であればギフトとメッセージを同時に贈れる上に宅配便よりも早いため、こぞってギフト専門業者が電報事業に参入するようになったという背景があります。